Research Paper 長野県諏訪地方におけるラッパ文化の形成に関する研究

奥中, 康人

2016
Description
大阪大学→静岡文化芸術大学
芸術学・芸術史・芸術一般
本研究は近代日本における西洋音楽と楽器の文化変容の事例研究の一つとして、長野県諏訪地域におけるラッパ文化に着目し、主に文献調査およびフィールドワークによって、その歴史と現在を明らかにした。幕末に軍隊の信号の道具として取り入れられたラッパは、明治期に日本各地の消防組の備品として広く普及した。ただし、その後の通信技術の発展によりラッパは形骸化したが、長野県においては戦後に「ラッパ隊」が音楽演奏団体として再編され、1980年代以降に「吹奏大会」が開催されたことで演奏技術水準が向上した。特に諏訪地方では消防団ラッパ隊が御柱ラッパ隊の直接の基盤となり、現在では民俗音楽として独特な文化を形成している。
This is a case study of the acculturation of Western musical instruments in modern Japan, focusing the past and present of the bugle (rappa) culture in Suwa area, Nagano Prefecture, mainly by literature research and field work.Bugle, which was adopted as a tool for transmitting the signal in the army at the end of Edo period, was spread widely and used in volunteer fire company around the country during the Meiji era. However, by the development of communication technology, bugle rapidly became useless. In Nagano Prefecture, "Bugle Corps" was recognized as a group to play the music, and the Bugle Contest has been held since 1970's. Especially in Suwa area in recent years, fire bugle corps is recognized as a very important musical instrument of traditional religious ceremony.
Full-Text

https://suac.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=845&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information