紀要論文 長崎県における高次脳機能障害者とその家族に対する社会福祉士・精神保健福祉士の役割 ―脳外傷『ぷらむ』長崎におけるボランティア活動を通しての学生の気づきから―
The Role of Certified Social Workers and Psychiatric Social Workers for People with Higher Brain Dysfunctions and Their Families in Nagasaki Prefecture: Student Awareness Through Volunteer Activities of NOUGAISHOU “PLUM” NAGASAKI

柳詰, 慎一  ,  武藤, 大司  ,  Shinichi, YANAZUME  ,  Daiji, MUTO

16pp.137 - 146 , 2016-03 , 長崎国際大学
ISSN:1346-4094
NII書誌ID(NCID):AA11766493
内容記述
本稿では、高次脳機能障害当事者と家族の会である脳外傷『ぷらむ』長崎に対して行ってきた長崎国際大学のボランティア活動について概観し、さらに学生が体験したものを基盤に、高次脳機能障害当事者と家族の会に対する社会福祉士・精神保健福祉士の役割を考察した。具体的には、脳外傷『ぷらむ』長崎へのボランティア活動を通して学生が感じたものを後日アンケート形式で記述してもらい、分析を試みた。その結果、権利擁護的な視点、生活モデルへの立脚、傾聴姿勢での共感的理解、家族支援への意識、ラポール形成、自己覚知と他者理解等、社会福祉士・精神保健福祉士に重要な視点やスキルに気づくことができている点が明らかとなった。ただ、本稿での分析結果はあくまでも本学学生アンケートを中心としたものであるため、障害当事者・家族の視点が欠けている。今後の課題としては、ボランティア受け入れに関する障害当事者・家族からの意見や感想の聞き取りも重要であり、次稿ではそれらを実施することで新たな知見を得ていきたい。
In this paper, the authors provide an overview of volunteer activities for NOUGAISHOU “PLUM” NAGASAKI, conducted by Nagasaki International University. In addition to the activities that students experienced, the role of certified social workers and psychiatric social workers is discussed.
本文を読む

https://niu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=940&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報