Departmental Bulletin Paper 地域の拠点機能に求められる道の駅のあり方 ―道の駅博物館の地域に果たす役割と課題―
The State of Roadside Stations Required to Function as Regional Hubs: The Role of Roadside Station Museums in the Region and Related Issues

落合, 知子  ,  Tomoko, OCHIAI

本稿は、現代社会における「 道の駅 」が果たす役割と今後の課題について、「 道の駅博物館 」に焦点を充てながら考察を試みるものである。特に「 道の駅 」は防災拠点として注目されており、「 道の駅 」が果たす役割と求められる機能は従来のものから少しずつ変化しているのが現状である。進化する「 道の駅 」の目的理念と、地域の交流拠点として「 道の駅博物館 」が果たすべき役割について、長崎県と岩手県の「 道の駅博物館 」を事例として論じる。この「 道の駅博物館 」の提唱は、利用者が道の駅に訪れる際の新たな活用方法となることが期待できるものである。さらに本稿は、「 道の駅博物館 」の資質の向上と学芸員採用の増加の一助になることを期待するものである。
This paper attempts to observe the role that roadside stations play in modern society and related future issues with a focus on “roadside station museums.” “Roadside stations” are drawing particular attention as disaster protection centers, and the roles and functions required of “roadside stations” are gradually changing. This paper discusses the mission of evolving roadside stations and the role that “roadside station museums” should play as regional hubs for interaction using “roadside station museums” in Nagasaki and Iwate Prefectures as examples. This proposal for “roadside station museums” is expected to provide a new way for visitors to use roadside stations when they visit. In addition, this paper is expected to be of assistance in making fundamental improvements to “roadside station museums” and increasing the number of curators hired.

Number of accesses :  

Other information