紀要論文 IT 利用デザイン協創プロジェクト;The Collaboration Project Designing IT Applications

鎌田, 洋;Hiroshi, KAMADA  ,  長山, 恵子;Keiko, NAGAYAMA  ,  武市, 祥司;Shoji, TAKECHI  ,  中沢, 憲二;Kenji, NAKAZAWA  ,  鷹合, 大輔;Daisuke, TAKAGO

(25)  , pp.1 - 10 , 2017-03-01 , 金沢工業大学
ISSN:13421662
内容記述
多くの新しい IT 商品が企業により次々と生み出されるが、多数の人々が購入するヒット商品は非常に少ない。この現状を打破する試みとして、大学の教育の場において、企業とユーザである学生の会話を通じて、新しい IT 商品のデザインを生み出す「IT 利用デザイン協創プロジェクト」を実施した。具体的には、企業から IT の技術や製品を学生に紹介して、学生はそれらの利用方法を企業に提案する。この活動を通じて、企業のシーズとユーザの地域のニーズを合致した新しい IT 商品を生み出すことを目的とする。企業はユーザのニーズの把握と技術・製品の用途開発ができ、学生は企業の技術、製品を学習できる Win・Win の関係を構築できる。本論文では、IT 利用デザイン協創の基本的な考え方、大学での企業と学生の協創の方式、IT 利用デザイン協創プロジェクトの取り組みについて述べる。;Many new IT products have been made frequently by companies, but there have been few successful products which many people have purchased. To solve the problem, we have started the collaboration project designing IT applications, in which company people and students as users discuss and create new IT product applications design. Concretely, company people introduce to students new technologies and new products in the companies, and the students propose new IT applications using them. The goal of the project is to create new IT applications by which regional needs are satisfied. The project will establish the Win-Win relationship, because the company people get user needs information, and students understand the company technologies and products. In this paper, we describe the fundamental idea, the methodology, and activities of the collaboration project designing IT applications.
本文を読む

https://kitir.kanazawa-it.ac.jp/infolib/cont/01/G0000002repository/000/000/000000126.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報