Departmental Bulletin Paper 教えることを学び、学ぶために教える大学生がサイエンスを小学生に教えるということ;Learning to Teach, Teaching to Learn: College Students Teaching Science to Elementary School Children

久恒, 彩子;Ayako, HISATSUNE

(24)  , pp.155 - 164 , 2016/3/31 , 金沢工業大学
本論では、学生が小学生に対して簡単な英語でサイエンスを教えられるように手助けすることにより、学生自身のコミュニケーション能力が向上するかどうかを調査することを目的としている。学生と小学生は、6 か月の間、苗からトマトを育てた。まず、学生はサイエンスを英語で教えるための、様々な教材とアクティビティーを考えて作った。次に、月一回の出前授業を行った。授業では、ストレス耐性能力を利用して作られたトマトと、ストレスなしで作られたトマトの糖度を測った。学生は、ビデオを観たりアンケートに答えたりしながら出前講義についての反省を行った。出前講義の自己分析を毎回行い、できばえに変化があったかどうかを確認した。本論では、自己分析をするためのアンケートと学生の自己分析結果も紹介する。結果は、学生がビデオとアンケートで自己反省を行ったことで、教える技術とコミュニケーション能力を向上させたことを示唆するものであった。;This paper investigates whether or not the communication skills of university students improve by teaching science in simple English to elementary school children. The university students and the elementary school children grew tomatoes together from seedlings over the period of six months. The university students developed various teaching materials and activities for teaching simple English words and sentences related to science. They taught the children once a month. They measured the sugar level of tomatoes grown with stress by sea water and without it. The college students self-evaluated their performance using videos and questionnaires throughout the period. In this paper, the self-evaluation questionnaire is outlined and student perceptions of their efforts are detailed. Student comments about these teaching and learning opportunities are also included.

Number of accesses :  

Other information