紀要論文 医工連携に基づいた「抗バイオフィルム材料」の開発;Development of anti-biofilm material based on medicine-engineering collaboration

大澤, 敏;Satoshi, OSAWA  ,  吉村, 治;Osamu, YOSHIMURA  ,  小田, 忍;Shinobu, ODA  ,  真田, 龍大;Tatsuhiro, SANADA  ,  西澤, 康平;Kohei, NISHIZAWA  ,  伊崎, 奈津美;Natsumi, ISAKI  ,  宮崎, 優;Yu, MIYAZAKI

(23)  , pp.263 - 268 , 2015-11-17 , 金沢工業大学
ISSN:13421662
ISBN:http://kitir.kanazawa-it.ac.jp/infolib/cont/01/G0000002repository/000/000/000000089.pdf
内容記述
学生と教員のチームが、石川県保健環境センターおよび金沢医科大学の関係者と医療および衛生に関する意見交換した。本事例報告は、その中で明らかになった課題である「抗バイオフィルム材の開発」に関する取り組みの経緯と研究成果をまとめたものである。材料表面に形成されるバイオフィルムは、医療や衛生関連の現場で感染症などの問題を引き起こしている。ここでは、地域の専門機関との連携によるテーマ設定の経緯、材料開発およびバイオフィルム定量法に関する研究成果について述べ、医工連携に基づく研究における地域および学科間連携による教育研究の有効性について紹介する。;Student-Teacher team has collaborated with Ishikawa Research Laboratory for Public health and Environment and Kanazawa Medical University to search problems to be solved in these fields. Based on the research, we have developed anti-biofilm material and the evaluation method of the material, through medicine-engineering and chemistry-bioscience collaborations. In this report, we described the setting up process of the research target and the results of study, as well as the effects of the collaboration on student’s education and research.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報