紀要論文 地域連携による医工連携プロジェクト「ドレーン排液モニタリング装置の開発」;A medicine-engineering collaboration project based on regional cooperation, “Development of a monitoring system for drain fluid”

高野, 則之;Noriyuki, TAKANO

(23)  , pp.237 - 241 , 2015-11-17 , 金沢工業大学
ISSN:13421662
ISBN:http://kitir.kanazawa-it.ac.jp/infolib/cont/01/G0000002repository/000/000/000000085.pdf
内容記述
金沢医科大学と本学との間で実施されてきた医工連携プロジェクトの中で、平成24年度から25 年度にかけて本学の学生が取り組んだ「ドレーン排液モニタリング装置の開発」について報告する。この課題は、金沢医科大学の看護学部より提起されたものであり、課題の性質上金沢医科大学と共同して開発を行った。さらに、最終的には製品化を目指して、野々市市の企業と共同して試作機を製作した。本プロジェクトを担当した学生は、地域の企業や大学との連携の実践を経験することで人間力を向上したと思われる。;The medicine-engineering collaboration project has been implemented between Kanazawa Medical University (KMU) and Kanazawa Institute of Technology (KIT). A student worked on “Development of a monitoring system for drain fluid” in that from 2012 through 2013. This problem was raised by school of nursing of KMU and has been solved in collaboration with KMU and KIT. A prototype was made aiming at commercialization finally in cooperation with an enterprise in Nonoichi city. The student seemed to grow up about a human being power by practice of cooperation with the enterprise and the university.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報