Departmental Bulletin Paper e ラーニングによる本学学生と地域住民の染色体・遺伝子解析技術教育システム;An Education System for Analytical Techniques on Human Genes and Chromosomes by e-Learning for the University Students and Regional Residents

坂本, 香織;Kaori, SAKAMOTO  ,  小木, 美恵子;Mieko, KOGI  ,  吉澤, 達也;Tatsuya, YOSHIZAWA

(23)  , pp.199 - 206 , 2015-11-17 , 金沢工業大学
ISSN:13421662
ISBN:http://kitir.kanazawa-it.ac.jp/infolib/cont/01/G0000002repository/000/000/000000081.pdf
Description
ヒトの染色体には、内的要因または外的要因により異常が生じることがある。染色体の解析は、出生前診査による胎児の異常を予見したり、骨髄性白血病のような特定の疾病を発症した成人や子どもの疾病の原因を見出したりする上で極めて有用である。しかし、染色体を解析することのできる技術者の数は限られており、染色体を検査するまでに多大な時間を要する現状である。一方、染色体を解析する技術者を養成するためには、十分な熟練を積んだ染色体技術者自身がマンツーマンで指導しなければならない。このジレンマを解消するために、我々はヒトの染色体を並べ替えるソフトウェアを開発・利用して、学生が自学自習により核型作成のトレーニングを試行できるようにした。また、ヒト染色体の重要性を地域社会に浸透させるための一環として、野々市市民を対象に、市民講座を開講した。これらの取り組みの結果について述べる。;In human chromosomes, there are merely some abnormalities causedby external or internal factors. Karyotyping human chromosomes is very useful to predict congenital abnormalities and prenatally diagnose genetic abnormality of fetuses, and to detect abnormalities that result in malignant diseases like myeloid leukemia in human adults and infants. However, there is often a long waiting line of the subjects for karyotyping since the number of well-trained experts for karyotyping with a long-term experience is small and limited. In addition, the experts have to supervise unskilled trainees one on one to practice to be trained experts. To increase the number of the experts, we developed software in which the human chromosomes can be arranged in order. This software can be used as a new self-training education system for learning the karyotyping skills by the trainees. We also opened a series of public lectures for the citizens of Nonoichi as means to be recognized the importance of human chromosome by the citizens.

Number of accesses :  

Other information