紀要論文 地域との連携における防災活動報告;The disaster prevention activity report in cooperation with the local

後藤, 正美;Masami, GOTOU  ,  西村, 督;Toku, NISHIMURA  ,  山岸, 邦彰;Kuniaki, YAMAGISHI  ,  須田, 達;Tatsuru, SUDA  ,  白山, 敦子;Atsuko, SHIRAYAMA  ,  吉澤, 達也;Tatsuya, YOSHIZAWA

(23)  , pp.107 - 113 , 2015-11-17 , 金沢工業大学
ISSN:13421662
ISBN:http://kitir.kanazawa-it.ac.jp/infolib/cont/01/G0000002repository/000/000/000000072.pdf
内容記述
現在、日本では多くの大規模災害が多発している。災害の発生に対して、被害の低減を図るためには、防災と減災が重要な課題である。防災や減災を効率的に実施するためには、官・民・産・学の4 者の連携が必要である。本活動は、防災・減災に向けた地域づくり・まちづくりを高めることを目的として、官・民・産・学が結集、連携することにより、地域社会の新たな価値創造に取り組んでいる。学生にとっては、多発する災害への対応を検討することによって、授業との連携を意識し、講義で得られた知識を定着させ、問題発見・解決能力・企画力を身につける実践の場となっている。本稿では、その取り組み内容とその教育効果について報告する。;Recently, many large-scale accidents occur frequently in Japan. Disaster prevention is an important problem to plan for reduction in damage to occurrence of an accident. Cooperation of 4 persons' of industry-government-academia-private is needed to put disaster prevention into effect efficiently. We are working on new value creation of a local community by 4 persons' concentrating and cooperating for the purpose of this activity's raising development of region for disaster prevention and community building. It is a place by the practice which is conscious of cooperation with a lesson by considering correspondence to the accident which occurs frequently, makes the knowledge a lecture gave fixed and puts on discovery of the problem, the solved ability and the planning capability for a student. We will report on the match contents and its educational effect by writing.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報