Departmental Bulletin Paper メディアデザインの実践的研究教育 -金沢駅「鼓門」プロジェクションマッピング-;Practical Research Education in Media Design -Projection Mapping at “Tsudumi-mon ” in Kanazawa Station-

出原, 立子;Ritsuko, IZUHARA  ,  川﨑, 寧史;Yasushi, KAWASAKI

(23)  , pp.55 - 65 , 2015-11-17 , 金沢工業大学
COC 事業「空間デザイン研究」の中の一つとして位置づけられる、金沢市との連携事業「夜のにぎわい創出事業」の地域連携研究の成果について論じる。本研究は、地域の魅力を発信し、街・文化・人をつなぐ新たなメディアの創出を目的として、プロジェクションマッピングを活用したメディアシステムを開発し、2014 年10 月に金沢駅「鼓門」においてそれらを用いた実証実験を行った。研究成果は、事例の少ない格子形状の対象物に対する映像制作・投影方法、および実施環境を構築し、鑑賞型プロジェクションマッピングと参加型プロジェクションマッピングのシステムを開発し、街と人々をつなぐ夜の新たな賑わいを創出した。本研究はプロジェクトデザインⅢの研究活動として実施した。本稿では、メディアデザインの実践的な開発研究として行った本研究活動の方法を論じ、その開発研究教育、および地域連携研究の成果を評価した。;This paper discusses research project, “creative project for night city” collaborated with Kanazawa City included in the COC project, “Research of Space Design ”. The purpose of the research project is to develop the media system with projection mapping to communicate appealing culture of the region and to connect region and culture and people. We held the demonstration experiment of the development system at Tsudumi-mon in Kanazawa Sta. on Oct. 2014. The result of this research was to develop the projection method and installation environment for projection mapping and the media system consisted of two kinds of projection mapping which are the appreciative type and the participatory type. This project was carried out in the Project Design Ⅲ. The research educational method of this project and the result was discussed.

Number of accesses :  

Other information