紀要論文 数理基礎科目における新入生が専門分野への学習意欲を確認できるレポート課題の試行;A written assignment for freshmen to self-monitor their motivation for learning their specialized subjects in Math and Science Foundation curriculum

北庄司, 信之;Nobuyuki, KITASHOJI

(22)  , pp.81 - 89 , 2015-03-31 , 金沢工業大学
ISSN:13421662
内容記述
金沢工業大学では平成24 年度(2012 年度)より第5 次教育改革が始まった。第5次教育改革では、基礎教育から専門教育への接続の円滑化が1 つの方針となっている。数理基礎教育課程においても数理基礎科目の改革が進められている。著者は新入生を対象とした数理基礎科目の授業において、学生がまだよく知らない自分の専門分野の中で使用されている「数学に関する知識」について文献調査を行うことに挑戦する、というレポート課題を試行した。本課題は、新入生に自分の専門分野への学習意欲を確認させるとともに、基礎数理に対する学習の必要性を認識させることを目的としている。本報では、本課題についての具体的な内容と、学生のレポートのテーマの例、および授業アンケートの結果について論じている。;Kanazawa Institute of Technology (KIT) has launched its 5th educational reform since 2012. One of the main objectives of this reform is to ensure a smooth transition from fundamental education to professional education. In the Math and Science Academic Foundations Programs, some curriculum reforms are in progress. In the freshman’s classes in Math and Science Foundation curriculum, the author set the freshman students written assignments to investigate the documents of “mathematical knowledge” in their as-yet unfamiliar specialized fields. These assignments aim to make the students self-monitor their motivation to learn their specialized fields and recognize the necessity to study the foundations of math and science. This paper reports the details of the assignments, the themes of the students’ assignments and the results of the questionnaire to the students.
本文を読む

http://kitir.kanazawa-it.ac.jp/infolib/cont/01/G0000002repository/000/000/000000031.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報