Departmental Bulletin Paper 工科系大学生の睡眠習慣からみた生活習慣やメンタルヘルスの特徴;The characteristics of the lifestyle and mental health from the sleep habits point of view: in the case of university students on the technology and engineering courses.

鈴木, 貴士;Takashi, SUZUKI  ,  佐藤, 進;Susumu, SATO  ,  川尻, 達也;Tatsuya, KAWASHIRI  ,  山口, 真史;Masafumi, YAMAGUCHI

(22)  , pp.51 - 63 , 2015-03-31 , 金沢工業大学
睡眠、食事、運動などの生活習慣の乱れは、大学生の学業全般、生活面に様々な影響を及ぼすことは周知の事実である。大学生の多くは親元で暮らしていたそれまでの規則正しい生活から離れ、自由度の大きい生活スタイルが可能になる。そのような生活環境下にある彼らの中には、日々の生活が乱れがちとなり、規則的な睡眠習慣を欠如する者が多くなることが考えられる。本研究では、大学1 年生を対象として行ったアンケート調査をもとに、睡眠習慣(起床時間や就床時間、睡眠時間)に着目し、その他の生活習慣やメンタルヘルスとの関連性について検討を行った。その結果、睡眠習慣とその他の生活習慣やメンタルヘルスには関連性があることが明らかとなった。;Today, it has been a common knowledge that the disorder of lifestyle such as sleep, diet, and exercise has many effects on both academic and daily life of university students. For those students who left their parents and well-regulated life, a lifestyle with a greater freedom becomes possible. As a result, it is possible to consider that the number of students with unhealthy lifestyle and sleep disorder may increase. This study, based on a questionnaire given to the first grade university students, examines the relationship between lifestyle and mental health by looking at their sleeping habits. The result shows that there is a relationship between sleeping habits, life style and mental health.

Number of accesses :  

Other information