紀要論文 大学生の運動習慣がメンタルヘルスに与える影響;Correlation between habitual workouts and mental health among university students

川尻, 達也;Tatsuya, KAWASHIRI  ,  佐藤, 進;Susumu, SATO  ,  鈴木, 貴士;Takashi, SUZUKI  ,  山口, 真史;Masafumi, YAMAGUCHI

(22)  , pp.33 - 40 , 2015-03-31 , 金沢工業大学
ISSN:13421662
内容記述
本研究では、大学生の運動習慣の有無やその頻度に注目し、運動習慣がメンタルヘルスにどのような影響を与えるのかを検討した。調査用紙の結果、57.5%の学生が「運動習慣がない」と回答し、「運動習慣がある」と回答した学生に比べ、疲労自覚得点やストレス度において高い値を示した。運動を行う頻度別にみてみると、「週1、2 日程度行う」と回答した学生がそれぞれの項目において良好な値を示した。また、運動習慣のない学生に比べ、運動習慣のある学生は意欲低下や活力低下等の項目において、著しく低い値を示す結果となった。;This study examined, first, whether university students regularly work out and their frequency of doing it. Second, it aimed at finding the correlation between habitual workouts and mental health of students. The study result found that 57.5% of students answered “no working out habits” indicated higher fatigue awareness scores and stress degree in comparison with their counterparts who answered “working out regularly”. Students who answered “work out once or twice a week” showed more positive results in each item. In addition, they also scored lower in the items related to demotivation, low-vitality and the like.
本文を読む

http://kitir.kanazawa-it.ac.jp/infolib/cont/01/G0000002repository/000/000/000000027.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報