Departmental Bulletin Paper 日本語話者による半母音-母音(G-V)連続の発音の考察:/w-u/連続のケース・スタディ

佐々, 智将

(10)  , pp.71 - 83 , 2016-03 , 岩手県立大学高等教育推進センター
ISSN:1881-6746
Description
 日本語では、音韻制約として[w-u]のような同じ[backness]と[height]を共有する半母音-母音(G(lide)-V(owel))の連続は許容されていない。本稿では、母語にこのような音韻制約をもつ英語学習者が、英語の[w-u]の連続をどのように発音するのかを、まず観察する。3 名の日本語話者の発話を解析した結果、イ)半母音の脱落、ロ)半母音の声門化(glottalization)のいずれかを用いて、母語では許容されないG-V の連続を回避していることがわかった。後半では、最適性理論(Prince and Smolensky 1993, McCarthy and Prince 1995)を用いて、上述イ)、ロ)の状態の学習者が、これまでに習得した英語の音韻知識について、Kang (2014)の方法を用い、その特徴を論ずる。
Full-Text

https://ipu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=100&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information