紀要論文 エスノメソドロジカル・センス― いま、ソーシャルワーカーに求められる力とは ―

藤田 , 徹

内容記述
 本論は、ある施設虐待事件を通して、改めてソーシャルワークの専門能力が抱える「理論と実践のかい離」をめぐる課題の本質を見極める作業と、それを解消する手立てとしてエスノメソドロジーを導入する意義と効果の検討を目的としている。特に《いま-ここ》におけるソーシャルワーク実践の構築的特徴の提起を通して、エスノメソドロジーの導入の有効性を説明する。また、それを「エスノメソドロジカル・センス」としてソーシャルワーカーの専門能力へ位置づけ習得することの意義を指摘する。
 The purpose of this paper is to newly clarify the challenges surrounding the“ Gap between theories and practices” which the social work expertise involves, and also to review the significance and effectiveness of introducing ethnomethodology to resolve them, through the abuse case in a certain institution. The effectiveness of introducing ethnomethodology is discussed by raising the constructive features of social work practices «hear and now» in particular. Also, they are positioned as the “ ethnomethodological senses” in the social worker’s expertise to assert the significance of their acquisition.
本文を読む

https://ipu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=53&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報