紀要論文 公立大学における子育て支援の現状と課題― 岩手県立大学における子育て支援体制の充実に向けた調査・視察・実践をもとに ―

庄司, 知恵子  ,  佐々木, 千晶  ,  伊藤, 彩  ,  下平, なをみ  ,  菅野, 道生  ,  櫻, 幸恵  ,  荻原, 奈々子  ,  細越, 久美子

内容記述
 岩手県立大学における子育て支援体制の充実をめざし、『大学におけるワークライフバランスの現状と課題』研究プロジェクトでは、公立大学を対象とした男女共同参画推進状況調査、先駆事例である国立大学法人山形大学男女共同参画室の視察、本学の日曜勤務における託児設置を行った。これら作業を通して見えてきた課題として、「男女共同参画」と「子育て支援」のズレがあげられる。本稿では、この課題にもとづき、各種調査および本学男女共同参画および県の男女共同参画担当者への聞き取りをもとに公立大学における子育て支援の現状と課題について述べる。
 In an effort to enhance childcare support systems in Iwate Prefectural University, ‘Current situation and challenges of work-life balance in Universities’ research project compares 1) survey on the conditions of implementing gender equality in public universities, 2) pioneer research from Yamagata National University’s observations on gender equality, and 3) childcare services for Sunday shifts in this university. A close examination of these sources shows an asymmetry between ‘gender equality’ and ‘childcare support’. Building upon this issue, this paper explains the current situation of childcare support within national universities through interviews with university and prefectural gender equality representatives, and an analysis on two surveys and ‘gender equality in public universities’( implemented from this project).
本文を読む

https://ipu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=46&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報