紀要論文 戦後日本のソーシャルワークの展開課程における学校教職員の役割に関する歴史的研究 : 障害乳幼児支援の取り組みを事例に
Historical Study on the Role of School Personnel for the Development of Social Work : A Case Study of the Approaches for Young Children with Disabilities

田中, 謙  ,  大津, 雅之  ,  高木, 寛之  ,  田中, 謙  ,  大津, 雅之  ,  高木, 寛之  ,  TANAKA, Ken  ,  OTSU, Masayuki  ,  TAKAGI, Hiroyuki  ,  タナカ, ケン  ,  Tanaka, Ken  ,  オオツ, マサユキ  ,  Otsu, Masayuki  ,  タカギ, ヒロユキ  ,  Takagi, Hiroyuki

12pp.138 - 150 , 2017-03-16 , 山梨県立大学
ISSN:2187-4344
NII書誌ID(NCID):AA12124797
内容記述
本研究では教育および福祉(その中でも特に療育領域に焦点を当てる)領域におけるソーシャルワークについて、特に1960年代~1970年代の学校教職員に焦点を当てながら、日本国内における「ソーシャルワーク的支援」に関する歴史的研究を行い、その特質を明らかにすることを目的とした。その結果、戦後日本の障害乳幼児支援の歴史を紐解くと、教員による「ソーシャルワーク的支援」の萌芽が見て取れた。特に東京都の幼児グループの事例から、保護者や特殊学級担任教員といった特殊教育関係者等が支援の場として幼児グループ創設に関与するソーシャル・アクションが確認された。従ってソーシャルワークの発展過程において、学校教職員に関しても「ソーシャルワーク的支援」の展開過程に関与していたことが示され、その発展に携わっていた可能性を明らかにした。
The goals of the study were to reveal the characteristics of the role of school personnel for the development of social work. In particular, focused on during the 1960's~1970's. As a result, it was known fully the history of germination of “social work support” in the history of the approaches for young children with disabilities. Social action relevant to develop new young children groups by the guardian and special class teachers was confirmed, in particular for young children groups in Tokyo. Therefore, as for the developmental process of social work, it became clear that the teacher participated in development at “social work support”.
本文を読む

http://libweb.nlib.yamanashi-ken.ac.jp/infolib/user_contents/02/G0000002repository/khk2017012.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報