紀要論文 ジェネラリスト看護師を対象とした緩和ケア研修プログラムの評価

前澤, 美代子  ,  中込, 洋美  ,  伏見, 正江  ,  前澤, 美代子  ,  中込, 洋美  ,  伏見, 正江  ,  MAEZAWA, Miyoko  ,  NAKAGOMI, Hiromi  ,  FUSHIMI, Masae  ,  マエザワ, ミヨコ  ,  Maezawa, Miyoko  ,  ナカゴミ, ヒロミ  ,  Nakagomi, Hiromi  ,  フシミ, マサエ  ,  Fushimi, Masae

内容記述
当センターにおける『緩和ケア研修』は、緩和ケアを必要とする患者や家族に対する特化した内容に焦点をあてて企画している。受講したジェネラリスト看護師が『緩和ケア研修』で得た学びは、リンパ浮腫のケアにおいて【リンパ浮腫ケアに関する知識技術の獲得】を基盤に、【自己の看護の振り返りとスキルアップへの意欲の向上】が得られ、【ケア効果の感動と実感】【看護への活力の復活】となっていた。全人的苦痛とアロマ・タッチケアは、【疼痛緩和のエビデンス】と【アロマ効果の実感】、グリーフケアとエンゼルメイクでは、【ご遺体の変化に合わせたエンゼルメイクの根拠の理解】【成長を促す悲嘆ケア】【ご遺体の尊厳と遺族ケア】、危機理論と看護介入は、【分析に基づいた適切な危機介入の重要性】、倫理的課題と看護は、【価値観の分析と意思決定支援】の学びをもたらしたことが明らかになった。
本文を読む

http://libweb.nlib.yamanashi-ken.ac.jp/infolib/user_contents/02/G0000002repository/knk2017009.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報