Departmental Bulletin Paper 地域特性を捉える視点に関する基礎研究
Basic Research on understanding of regional characteristics

高木, 寛之  ,  高木, 寛之  ,  TAKAGI, Hiroyuki  ,  タカギ, ヒロユキ  ,  Takagi, Hiroyuki

11pp.31 - 40 , 2016-03-16 , 山梨県立大学
ISSN:2187-4344
NCID:AA12124797
Description
本研究では、地域を基盤とした社会福祉実践における地域特性の把握方法と課題を検討するものである。そこで、コミュニティ・オーガニゼーションやコミュニティワークにおける地域特性の把握方法と社会福祉研究の類型化に対する批判について整理した。そのうえで、コミュニティソーシャルワークにおける地域特性の把握と活用方法を取り上げ、類型化に関する近年の動向について整理した。その結果、地域の類型化に対する課題の先送り状況が明らかになった。そして、他分野からのソーシャル・キャピタルを用いた地域類型化やICT の進化に伴う客観的データによる類型化も進んでおり、社会福祉研究においても類型化作業を通して地域とは何かを捉えなおすことの必要性か示唆された。
In this study, to examine the assessment method and challenges of regional characteristics. First of all, we have to organize the criticism of the assessment method and the typology of regional characteristics in the "Community Organization" and "community work". On that basis, we pick up the assessment method and utilization method of regional characteristics in the community social work, was organized for the recent trends in typology. As a result, it was revealed challenges of postponement situation to regional typology. From other research fields is progressing Regional Typology with social capital. Social welfare research and practice need to re-examine the Regional by the Regional Typology has been suggested.
Full-Text

http://libweb.nlib.yamanashi-ken.ac.jp/infolib/user_contents/02/G0000002repository/khk2016003.pdf

Number of accesses :  

Other information