紀要論文 社会福祉行政とナショナル・ミニマム
Social welfare administration and National Minimum

畑本, 裕介  ,  畑本, 裕介  ,  HATAMOTO, Yusuke  ,  ハタモト, ユウスケ  ,  Hatamoto, Yusuke

11pp.17 - 30 , 2016-03-16 , 山梨県立大学
ISSN:2187-4344
NII書誌ID(NCID):AA12124797
内容記述
この論文の目的は、戦後日本におけるナショナル・ミニマム論の展開を追いかけ、この議論の可能性と限界を探ることである。ナショナル・ミニマム概念は、その起源から、最低生活費保障に留まらない多義的なものであった。その多義性が歴史的にどう展開したかを追い、ナショナル・ミニマム概念の現代社会福祉行政における位置付けを明らかにする。まずは、第2節において、本来多義的であったウェッブ夫妻が生み出したナショナル・ミニマム概念が、ベヴァリッジ報告に受け継がれる際に最低生活費保障に意味合いを限定させたことを確認する。第3節において、1960年代後半にナショナル・ミニマム概念が、シビル・ミニマム概念やソーシャル・ミニマム概念といった概念に姿に変え、その多義性を取り戻す状況について確認する。第4節では、多義的となったナショナル・ミニマムが、中央集権的再分配機構の手段に転嫁した結果、地方分権論者によって批判の対象となってしまったことを確認する。その後、ナショナル・ミニマム論を擁護する立場からの抵抗が起こったことについても確認したい。最終節においては、ナショナル・ミニマム概念の今後を考察し、社会福祉行政におけるこの概念の可能性について検討することにしたい。
The purpose of this paper is to run after the development of National Minimum theories in post-war Japan and look for the possibilities and the limits of this concept. National Minimum concepts were the equivocal ones which don't be confined to the minimum standards of living cost from the beginning. Therefore I will run after the history of polysemy of National Minimum and place National minimum concept clearly in a modern society welfare policy. In the 2nd section, I confirm that National Minimum concept which Mr.and Mrs. Webb produced , was confined to the minimum standard of living cost security, when it is inherited by Beveridge report. Next,in the 3rd section, I confirm that National Minimum appeared under the names of Civil Minimum and Social Minimum and recovered its polysemy in the late 1980s. In the 4th section, I confirm that National Minimum had shifted to the means of the centralization of redistribution organizations, and was criticized by decentralization disputants. After that, I'd like also to see the resistance from the National Minimum defenders. In the last section, I want to consider the future about National Minimum concept and consider the possibilities of this concept in a modern social welfare policy.
本文を読む

http://libweb.nlib.yamanashi-ken.ac.jp/infolib/user_contents/02/G0000002repository/khk2016002.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報