Departmental Bulletin Paper 北海道における小学校「ことばの教室」の展開過程の特質 : 1960~1970年代に焦点を当てて
The Characteristics of Developmental Process of“ Resource Room for Children with Speech and Language Disorders” at elementary school in Hokkaido : Focused on during the 1960s to the 1970s

田中, 謙  ,  瀧澤, 聡  ,  田中, 謙  ,  瀧澤, 聡  ,  TANAKA, Ken  ,  TAKIZAWA, Satoshi  ,  タナカ, ケン  ,  Tanaka, Ken  ,  タキザワ, サトシ  ,  Takizawa, Satoshi

11pp.1 - 16 , 2016-03-16 , 山梨県立大学
ISSN:2187-4344
NCID:AA12124797
Description
本研究は戦後~現在の障害乳幼児の支援を担う「ことばの教室」「幼児ことばの教室」に関して、1960年代~1970 年代に北海道内に設置された小学校「ことばの教室」に焦点を当てて、その展開過程の特質を明らかにすることを目的とした。その結果設置数に関しては、1960年代5ヶ所、1970年代35 ヶ所の設置が確認された。さらに支庁に関しては、1970年代までに設置が見られなかった支庁が存在したことも確認できた。名称に関しては1960~1970年代には「言語治療学級」「言語治療教室」の使用が見られるものの、その多くは「ことばの教室」の名称を用いていたことが明らかとなった。また「親の会」と「ことばの教室」設置の関係性に関しては「親の会」が設置に係る展開要因の一つであった可能性があり、今後実証的な検討が求められる。行政主導による「ことばの教室」の設置の可能性も推測されたため、教育行政・政策研究の視点からのアプローチによる研究の進展も期待されることを指摘した。
The goals of the study were to reveal the characteristics of developmental process of “Resource room for children with speech and Language disorders” at elementary school in Hokkaido. In particular, focused on during the 1960s to the 1970s. As a result, it was confirmed that 5 resource rooms were established in Hokkaido in 1960s. Those cities had a large population. Also, it was confirmed that 35 resource rooms were established in 1970s. Some classrooms were established at small town in 1970s. In addition, possibilities with a lot of cases that some guardian groups participated were suggested by the developmental process of the resource room.
Full-Text

http://libweb.nlib.yamanashi-ken.ac.jp/infolib/user_contents/02/G0000002repository/khk2016001.pdf

Number of accesses :  

Other information