紀要論文 少年犯罪における発達障害の「位置づけ」に関する研究 : ノンフィクション書籍における発達障害の描かれ方に関する事例分析

石田, かよ  ,  石田, かよ  ,  ISHIDA, Kayo  ,  イシダ, カヨ  ,  Ishida, Kayo

1pp.90 - 103 , 2015-03-31 , 山梨県立大学人間福祉学部教育経営研究室
ISSN:2189-0730
内容記述
本研究は少年犯罪と発達障害の関係性、特に少年犯罪における発達障害の「位置づけ」について、マスメディアの一種である出版書籍のうち、ノンフィクション書籍における発達障害の描かれ方に関する事例分析を通して、その特徴を明らかにすることを目的として行われた。その結果、一部のノンフィクション書籍では、加害児童と事件について、パソコンや暴力的なゲームや映画が原因であったこと、学校教育や両親の教育が十分になされていなかったこと、いじめがあったこと等、それぞれで複数の「原因」があげられていたこと等を明らかにし、「社会モデル」の観点から描き出す必要性について言及した。
本文を読む

http://libweb.nlib.yamanashi-ken.ac.jp/infolib/user_contents/02/G0000002repository/khk2015014.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報