Departmental Bulletin Paper 戦後日本の障害乳幼児支援の展開過程における教育行政の動向 : 幼稚園および養護学校幼稚部に焦点を当てて

田中, 謙  ,  田中, 謙  ,  TANAKA, Ken  ,  タナカ, ケン  ,  Tanaka, Ken

1pp.42 - 57 , 2015-03-31 , 山梨県立大学人間福祉学部教育経営研究室
ISSN:2189-0730
Description
本研究は戦後日本における障害乳幼児支援の歴史的展開過程を明らかにする作業の一環として、教育行政による障害乳幼児支援に係る政策および施策の動向とその特質を明らかにすることを目的とし、特に幼児教育と特殊教育の政策および施策の動向についての検討を行った。その結果、戦後日本における障害幼児への支援体制整備は、教育行政下の幼稚園および養護学校幼稚部のいずれにおいても十分進められてこなかったことが明らかとなった。そのため、1970 年代まで障害幼児の保育・療育の場はほとんど整備されておらず、整備に関する施策も十分なされているとは言い難い状況にあったと考えられ、民間や地方公共団体の取り組みが展開されていた可能性を示唆した。
Full-Text

http://libweb.nlib.yamanashi-ken.ac.jp/infolib/user_contents/02/G0000002repository/khk2015010.pdf

Number of accesses :  

Other information