紀要論文 保育の質に関する研究 : 保育者と保護者の視点の相違から

本蔵, 達矢  ,  奥泉, 敦司  ,  田中, 謙  ,  本蔵, 達矢  ,  奥泉, 敦司  ,  田中, 謙  ,  MOTOKURA, Tatsuya  ,  OKUIZUMI, Atsushi  ,  TANAKA, Ken  ,  モトクラ, タツヤ  ,  Motokura, Tatsuya  ,  オクイズミ, アツシ  ,  Okuizumi, Atsushi  ,  タナカ, ケン  ,  Tanaka, Ken

1pp.25 - 32 , 2015-03-31 , 山梨県立大学人間福祉学部教育経営研究室
ISSN:2189-0730
内容記述
本稿では、「保育の質」について、保育を行う保育者と、それを利用する子どもの保護者の両側面からこれまでの先行研究をレビューし、保育者がとらえる「保育の質」と保護者がとらえる「保育の質」の相違を明らかにすることを目的とした。保育者がとらえる「保育の質」と保護者がとらえる「保育の質」を比較することで、保育者のとらえる「保育の質」は、保育者にとって偶発的な出来事によって支えられていること、保護者のとらえる「保育の質」は保育者のとらえる「保育の質」と乖離がみられるなど課題が浮き彫りになった。また、保護者間、保育者間でも「保育の質」のとらえ方が異なることなどが示唆された。
本文を読む

http://libweb.nlib.yamanashi-ken.ac.jp/infolib/user_contents/02/G0000002repository/khk2015008.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報