Departmental Bulletin Paper 幸せな生活の視座
A Study of Different Perspective of Happiness

楠, 幹江  ,  山田, 俊亮  ,  Mikie, Kusunoki  ,  Shunsuke, Yamada

Description
衣・食・住などの生活は,生きる基本であり,幸せの基盤でもある。家政学はこの人間の生活を研究対象としており,生活の向上と人類の福祉を目的としている。「人類の福祉」の「福」「祉」は,共に幸せを意味する言葉であり,このため,家政学そのものを,幸せを追求する学問として捉えることができる。幸せとは何か?を検討する場合,健康をキーワードとすることは意味があることだと考える。ここでの健康は,WHO 憲章における内容を意味している。すなわち,「肉体的,精神的,社会的に完全に良好な状態である」ことが,健康の意味する内容である。したがって,衣・食・住それぞれの生活において,肉体的,精神的,社会的に良好な状態を維持することが,幸せな生活に繋がると考える。そのために,個人でできることは,家庭生活の営み行動を重視することである。
Full-Text

https://yasuda-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=427&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information