Departmental Bulletin Paper 大学教員の授業及び学生生活において支援が必要な大学生に対する意識と取り組みに関する調査
A Survey of University Faculty Members’ Consciousness and Efforts for Students who need Assistance in Classes and Student Life

山本, 文枝  ,  西, まゆみ  ,  藤沢, 敏幸  ,  船津, 守久  ,  Fumie, Yamamoto  ,  Mayumi, Nishi  ,  Toshiyuki, Fujisawa  ,  Morihisa, Funatsu

Description
大学など高等教育機関で発達障がいの学生は増加しており,中でも自閉症スペクトラムに代表される社会性の発達障がいが問題となっている。しかし学業面で問題がない学生は,学生相談等の支援につながりにくい。よって,大学教育で自閉症スペクトラムの大学生の存在に配慮した社会性やコミュニケーション能力の育成を目的とするカリキュラムの開発を検討する。その基礎資料を得るため本研究では,大学教員を対象に配慮や支援が必要な大学生に対する意識と取り組みについて調査を行った。その結果,発達障がいの知識の中でも自閉症スペクトラムの知識をあまり持たない教員が多かった。また自閉症スペクトラムの知識の程度によって,支援が必要な学生の存在への気づきや支援の取り組み状況に違いがみられた。学生の支援を進めていく上で,大学教員の発達障がいの学生に関する知識及び支援に関する情報提供が重要であることが示唆された。
Full-Text

https://yasuda-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=425&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information