紀要論文 可能の意味と構造
The Structure and Meaning of the Potential Form

川岸, 克己  ,  Katsumi, Kawagishi

内容記述
可能を表す形式の意味について,それに隣接する意味を含めて構造的に捉え直す。可能とはいかなるものであり,どのようにして統一的な理解のもとに構造化できるかが本論の目的である。可能の形式「できる」には「能力可能」と「状況可能」とがあり,「る・らる(れる・られる)」には,「自発」「可能」「受身」「尊敬」といった,統一感のない意味が併置されている。これらを自己非自己理論のもとで階層的な構造として再構築する。その結果,そもそもの「可能」は「出現」となり,「出現」は「自己的出現」としての「可能」と「非自己的出現」としての「受身」となる。「可能」は「自己的可能」としての「能力可能」と「非自己的可能」の「状況可能」となる。「受身」は「自己的受身」としての「自発」と「非自己的受身」としての「尊敬」となる。
本文を読む

https://yasuda-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=418&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報