紀要論文 自己調整学習を導入した授業を経験した学生の自己効力感の特徴―自由記述をコレスポンデンス分析して―

中本, 亮  ,  石田, 智恵美

内容記述
 本研究の目的は,自己調整学習を導入した授業を経験した学生の授業前後の自己効力感の変化と自由記述との関連に着目し,自己効力感の違いによる特徴について質的データを量的に探索することである.A 看護専門学校の2年生43名を対象として,授業前後に実施した自己効力感への回答と授業後の自由記述(学習への取り組み方)との関連性を分析した.授業前後の自己効力感の平均値の変化は,『下降群』,『微増群』,『上昇群』の3群に分類され,『下降群』は13名(34.2%),『微増群』は14名(36.8%),『上昇群』は11名(28.9%)であった.自己効力感の変化と自由記述との関係を見るために,自由記述をテキストマイニングし,抽出語をコレスポンデンス分析した.プロット図では,『下降群』周囲に【反省】・【達成】・【取り組み】・【話し合う】などが布置され,前後の文脈から自己の学習態度や取り組みの反省を行い,次の学習行動をどうすべきかを考えている傾向が伺えた.また,『微増群』の周囲には【今】・【教科書】・【話し合い】などが布置されたが,文脈による特徴は見出せなかった.一方,『上昇群』の周囲には,【深める】・【多い】・【出す】・【考える】などが布置され,文脈から「できた」という遂行行動の達成を感じている傾向が伺えた.自己効力感はその時点での個人の主観的な感情であるため,学習状況について経時的に見ていくことが必要であり,自己効力感の下降した学生には周囲とのコミュニケーションや学習課題の関連付けに支援が必要である.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報