紀要論文 厚木中央通り防災建築街区の成立と変遷
The Formation and Alteration of the Chuo-dori Disaster Prevention Blocks in Atsugi

海老澤, 模奈人

内容記述
本稿では、1963-67年に厚木市に建設された中央通り防災建築街区の成立と変遷を明らかにした。その上で終章ではこの建築の歴史的価値を指摘した。中央通り防災建築街区は旧中学通りの道路拡張を機に、1961年公布の防災建 築街区造成法を利用して建設された。東西に伸びる道路沿いの北側と南側に4棟ずつ計画された計8棟からなり、各棟は複数の土地所有者が共同で建設した 鉄筋コンクリート造3階建ての長屋のような建物であった。20世紀前半の西洋で 成立した近代建築のデザインを採用し、ファサードに統一感のある水平連続窓が設けられた。この街区は竣工後商店街として賑わうが、犀木の商業の中心が 本厚木駅前に移ったことにより、1980年代より次第に部分的な取り壊しが進むようになる。建設後50年以上経過した現在、高度経済成長期の建築・都市計画遣産としてのこの建築の歴史的価値を改めて考える必要がある。
This paper discusses the formation and alteration of the Chuo-dori Disaster Prevention Blocks built between 1963 and 1967 in Atsugi. In Japan many Disaster Prevention Blocks (Bosai Kenchiku Gaiku) were constructed based on the law promulgated in 1961 in order not only to prevent urban areas from disaster but also to redevelop old urban districts. The Planning of the Atsugi Chuo-dori Blocks began with the widening of the National Route 246 around 1961. These blocks were consisted of eight buildings along the road. These buildings were designed as three-storied reinforced concrete terraced houses and had characteristics of the modern architecture, especially ribbon windows. After 1980's parts of these blocks were gradually demolished and nearly half of buildings exist now.Today, half a century after construction, the historical value of these buildings as architectural heritage should be considered.
本文を読む

https://kougei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1944&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報