Departmental Bulletin Paper 光化学反応を利用する新規炭素-酸素及び炭素-炭素結合形成反応に関する研究
Development of Novel C-O and C-C Bond-forming Photochemical Reactions

崔, 蕾  ,  伊藤, 彰近  ,  サイ, レイ  ,  イトウ, アキチカ  ,  Lei, CUI  ,  Akichika, ITOH

Description
近年、有機合成化学の分野においては、「ヒトと環境に優しい化学技術」いわゆる「グリーンケミストリー」の概念を念頭において研究を進めることが必要不可欠となっている。特に化学反応へのエネルギー供給は、「グリーンケミストリー」を実践する際に重要なファクターの一つである。「光」は質量がなく、反応後も副産物を出さない特長を有する非常に優れた試薬として考えることができる。本研究では環境負荷低減を目指し、試薬としての「光」を利用した新規炭素-酸素及び炭素-炭素結合形成反応の開発を行った。その結果、光化学反応を用いたジェミナルジヒドロペルオキシドの新規合成法の開発、光酸素酸化を利用したワンポットエポキシ化反応の開発、及びフルオラスケミストリーに基づく新規反応の開発に成功した。
Recently, environmentally friendly chemical technologies, classified under ‘green chemistry,’ have been the focus ofincreased attention. It is imperative for us to consider environmental concerns. Among others, energy supply for reactions is asignificant factor in practical applications. Light is an important factor in many reactions; therefore, it can be described as a type ofreagent. Because this clean reagent leaves behind no residue and has neither shape nor weight, it is an important component inexaminations of environmentally benign processes. In this paper, we report our recent work using light as a reagent in reactions. As aresult, we have developed a series of reactions driven by light.
Full-Text

https://gifu-pu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=13004&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information