紀要論文 学生の辞書利用の実態についての小調査6 ―外来語とスマートフォン―

大塚, みさ

内容記述
近年、大学生の日本語力の低下が指摘されている。日本語力を支える語彙力の養成が必須であることは言うまでもないが、自在に使いこなせる使用語彙をいかに増強するかが課題である。一方で国語辞書離れも進んでいるが、スマートフォンを介したオンライン辞書の可能性に期待することはできないだろうか。本稿では学生たちの意味の分からない語への対処と辞書情報の活用について実態調査を行い、その可能性を探る。
 Vocabulary building is necessary. Japanese college students should develop their vocabulary in use because it is directly linked to the proficiency in the Japanese Language. Unfortunately it has been noted that the proficiency of Japanese college students in the mother tongue is decreasing. The paper will explore how students deal with unknown words and how dictionaries provide useful information by conducting several surveys. Although less and less people use paper dictionaries or portable electrical dictionaries these days, we may able to expect the possibilities of online dictionaries accessed via smartphones. They can use such dictionaries more effectively after a certain amount of instructions.
本文を読む

https://jissen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1879&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報