紀要論文 男性学・男性研究と 今日の男性問題についての考察

飯野, 智子

内容記述
本稿は、今日「男性問題」(男性が男性であるが故に生じる問題)という概念が一般の共有認識となっていない現状をふまえ、「男性学・男性研究」が研究対象とする「男性問題」とは何かということを、男性性の自明性、男性問題の不可視性、問題設定の困難さという視点から考察する。また、男性の労働や家事、育児への参加を取り上げ、現状の男性の被抑圧状況やその打破への可能性を検証する。最終的には、今日のジェンダー問題の解決のため「男性学・男性研究」にどのような意義があるのか探っていく。
 This paper examines the present situation in which the concept of a “male problem” (a problem arising because a person is a male) is not commonly recognized. We consider the problem of “maleness,” which is the object of “men’s studies and studies on men,” from the viewpoint of the obviousness of masculinity, the invisibility of the male problem, and the difficulty of setting this as a problem. Furthermore, we highlight the participation of males in the labor market, housework, and childcare, and verify the current suppressed situation of males and the possibilities for overcoming this. Ultimately, we explore the significance of “men’s studies and studies on men” to solve today’s gender problem.
本文を読む

https://jissen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1877&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報