紀要論文 英語の基礎と、英語の基礎学習支援についての探究と実践例
Helping Students to Learn and Use the Basic Knowledge of English

柳瀬, 実佳

内容記述
大学には、様々な英語学習の目的や過去の英語学習の体験を持つ学生が集まっている。また、学生の英語習熟度や個人の性質や思考も様々である。大学は組織であるため、授業中に全ての学生に個人指導をすることは難しい事情を抱えているが、この現状を理解した上で、多くの学生にとって必要な学習支援について考えてみると、英語の基礎知識の紹介とその学習支援が一つの例として挙げられる。多くの学生は、「英語の基礎は簡単でむしろ低次元の知識」であり、「文法などが複雑な英語が高度な知識」と無意識にとらえがちである。本来、基礎とはその本質であり、それ全ての土台になるものである。学生の英語習熟度も、英語の基礎がどこまで深く広く適確に学生に理解され、応用されているかによっても変化する。英語の基礎知識を学習して、将来その基礎を活用し応用することで、大抵の英語がわかり、英語でコミュニケーションをとれるだけでなく、人生で必要なことでさえも英語から学べる可能性にもつながる。この英語の基礎知識には、例えば「英語のリズムと音声の基礎」「英語の語順の基礎」「英語の文法の基礎」「英語によるコミュニケーションの基礎」「英語の性質や本質についての基礎」「英語の学習における基礎」などの側面がある。本稿では英語の基礎学習支援の意義について端的に述べ、基礎学習のためのポイントと、基礎知識の紹介や学習支援としての授業の実践例の概要や詳細例をいくつか記す。
College students have different purpose of learning English. They also have different learning experiences of English. Strictly speaking, even students who are divided into groups based on their English proficiency levels vary in nature. All things considered, I think helping students to learn basic knowledge and use of English can be useful and meaningful for all kinds of students. With this knowledge, students can understand and use English to a great extent. Moreover, students can even find the universality and truth in life in learning basic knowledge of English. It can be learned in the same way as we learn basic learning skills in our lives, so not only the students who are eager to learn and use English, but also those who have little interest in learning English can benefit from learning the basic knowledge and use of English. This paper describes the value of helping students who consciously/unconsciously need to learn the basic knowledge and use of English and shows some examples of such practice in my classes at several colleges.
本文を読む

https://jissen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1451&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報