Departmental Bulletin Paper 食べ物の名付けについての認知意味論的一考察 「タコ焼き鶏肉入り」を中心に
An Analysis on Naming Some Japanese Foods within the Framework through the Cognitive Semantics

藤原, 正道

Description
本論の目標は、認知意味論の枠組みを使って、いくつかの日本の食べ物の名付け(ネーミング)の背景にある認知と意味構造を明らかにすることである。食べ物とその名前にどのような関係があるのか、食べ物の特徴のどの部分に光を当てて、我々は名前をつけるのかを議論、分析し、「タコ焼き」「おにぎり」「あんパン」などの食べ物の名前の背景にある認知と意味構造を明らかにする。本論では、プロトタイプやスキーマ、メタファーといった認知意味論の概念を理論的基盤とする。
The aim of this paper is to clarify the semantic structures of naming someJapanese foods such as ‘Tako-yaki’, ‘Onigiri’ and ‘An-pan’. My analysis is based on the framework of the cognitive semantics, especially, prototype, scheme and metaphor. I apply these ideas to the analysis of the naming some Japanese dishes and discuss how we give names to them.
Full-Text

https://jissen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1450&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information