Departmental Bulletin Paper 言語活動の分類方法に関する一考察 -ドイツ・ブルガリア・イタリアにおける調査に基づいて-
A Study on the Classification Method of Language Activities: Based on Surveys in Germany, Bulgaria and Italy

山内, 博之

Description
 ドイツ、ブルガリア、イタリアの3国を対象に、日本語学習者の言語活動に関する調査を行なった。そして、それを分類・整理していく過程において、「場」と「人」という2つの概念が重要であることが明らかになった。
Surveys on language activities of Japanese learners have been carried out in Germany, Bulgaria and Italy. In the process of classifying and organizing the data, it has been revealed that the concepts of “place” and “person” are important.
Full-Text

https://jissen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1449&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information