Departmental Bulletin Paper 歌集『渓流唱』「山河哀傷吟」の「獅子舞の歌」をめぐって
Short essay “Shishi-mai no uta” in Tanka poems “Keiryūshō”

宮木, 孝子

Description
 本稿は、北原白秋の近代幽玄体(新幽玄体)の形成をたどるささやかな試みとして、歌集『渓流唱』の短歌作法への管見をまとめるものである。その理念が白秋自身明瞭に作品上の表現となったとする作品中にあって、白秋の社会詠として、よく取り上げられる「秋夕夢 小河内三部唱」の「獅子舞の歌」から、その短歌作法を探り、考察する。その方法として、白秋の「新幽玄体」の表現にかかわる「写生」と「象徴」の意味を知る手がかりを、白秋が奥多摩で体験した神事の実際の記録に求め、照合して検証する。
 Hakushu Kitahara let a method of the creation of the new song succeed in this “渓流唱”. I want to inspect the structure of the method of the creation of the new song called “new waka form of mystic profundity” with “the song of the lion dance” in “渓流唱”
Full-Text

https://jissen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1431&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information