紀要論文 セクシュアリティ表現の多様化 「異装」のコンセプトカフェ
Diverse expressions of sexuality A study of the “concept café”

飯野, 智子

内容記述
 オタク文化とカフェが融合したメイド喫茶は、若い女性の商品化という意味で、従来のジェンダー役割を逸脱するものではない。しかし、執事に扮した男性がサービスするカフェでは、女性客が男性を鑑賞する。さらに男装の女性がサービスするカフェは、男女ともに利用する。メイド喫茶のような女性性を商品としたものに対して、市場規模は小さくとも、多様な需要に応えるべく、様々なコンセプトカフェが存在するのである。本論では、ジェンダー役割を超えるものとしての「異装」に着目し、「異装」を取り入れたカフェにおいて、ジェンダーやセクシュアリティがどのように受容されているのかを分析した。男性向けセクシュアリティ産業において圧倒的に買われる側であり、男性の期待する女性像を提示されてきた女性が、ジェンダーを超える「異装」とその物語世界を楽しむ現象は何を意味するのか。女性が「異装」をどのように捉えているのかを見る事で、セクシュアリティにおける男女の非対称性という問題を考える。
 The maid café, which is otaku culture and café is fused, in the sense that the commercialization of young women, do not depart from the traditional gender role. However, in the café men acts as butlers, female customers look at the men. In addition, the café women wearing men’s clothes to work, are available to both men and women. As compared to the maid café, even market size is small, to meet the diverse demand, there are many kinds of concept café. In this paper, I will focus on “The concept café” to analyze how to accept the gender and sexuality there. And I will especially investigate the phenomenon in which women enjoy the story world and “to wear men’s clothes.” Women, who are the side that is overwhelmingly bought in men’s sex industry, have been presented the female image that expectations of men. The purpose of this paper is to think about equality in sexuality.
本文を読む

https://jissen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1428&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報