紀要論文 地域教材を生かし、時代の社会システムの理解をめざした社会科歴史授業 : 小学校6年生における「徳川頼宣ってレジェンド」の授業を手がかりに
A Social Studies History Class Aiming to Understand the Social System of the Era by Making Use of Regional Teaching Materials : Based on the Lesson of Elementary School Sixth Graders “Is Tokugawa Yorinobu a Legend?”

岩野, 清美  ,  西端, 幸信

68 ( 2 )  , pp.115 - 120 , 2018-02-23
ISSN:13425331
NII書誌ID(NCID):AN00257966
内容記述
時代の社会システムを探る社会科歴史授業の意義はどのようなものか。現代社会とは相対的に異なる社会の探究を通して、社会の認識の仕方を学ぶとともに、過去の社会システムを目的-手段の観点から考察することにより、子ども自身がより望ましいと考える社会的価値を実現するための法や政策といった手段を探りうることであろう。本研究では、時代の社会システムを探る社会科歴史授業の意義を述べるとともに、小学校6年生における実際の授業を取り上げ、時代の社会システムを探る社会科歴史授業の具体を示した。
本文を読む

http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/files/public/0/3344/20180820134451490333/AN00257966.68(2).115.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報