Departmental Bulletin Paper 戦後道徳教育の理論枠組みの転換と道徳の授業づくりの課題
The Japanese Educatinal System of Moral Education after WWⅡand Task of Lessons of Moral as Subject

船越, 勝

68 ( 2 )  , pp.79 - 86 , 2018-02-23
ISSN:13425331
NCID:AN00257966
Description
本論文では、道徳の教科化に至る戦後教育の転換の経過を辿った上で、「特別の教科道徳」の基本的な特徴と理論的・実践的課題を検討し、最後に、これからの教科としての道徳の授業づくりの方向性について探っていく。
Full-Text

http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/files/public/0/3340/20180820134429373468/AN00257966.68(2).79.pdf

Number of accesses :  

Other information