Departmental Bulletin Paper 障害者差別解消法施行における高等教育機関による障害学生支援体制の整備・推進 : 和歌山大学の3年間(2014-2016)の取り組みを通して
The Process Related to the Promotion of Support Systems for Students with Disabilities at Institutions of Higher Education to the Act for Eliminating Discrimination Against People with Disabilities : Through the Activities for Three Years (2014-2016) in Wakayama University

森, 麻友子  ,  西谷, 崇  ,  井上, 和郁  ,  山本, 朗  ,  古井, 克憲

68 ( 2 )  , pp.69 - 77 , 2018-02-23
ISSN:13425331
NCID:AN00257966
Description
近年、障害者に関する法的な動き等を背景に障害者支援は、大きな変化の時期を迎えている。高等教育機関でもそれに伴い、障害学生の支援が推進されるようになった。そこで本稿では、まず、高等教育機関における障害学生への支援体制を推進する社会的背景について整理した。次に、和歌山大学における障害学生支援の体制整備の経緯を振り返りつつ、「障がい学生支援室」の活動の現状をまとめ、本学の障害学生支援の特徴を明らかにし、今後の課題を考察した。その結果、「障害支援」と「学生相談」の二つのスタンスを重視してきた本学の体制整備の中で、両スタンスを基盤に持つ「コーディネート機能」と「カウンセリング機能」の両機能を「障がい学生支援室」が担ってきたことが大きな特徴と思われた。これは、精神障害や発達障害の学生への支援ニーズの高さに対応しうるシステムと評価した。また、合理的配慮や就労支援といった多くの面で課題が浮き彫りになり、啓蒙活動や教育等の学内体制整備の一層の推進が不可欠であると同時に、学内外との連携の強化が重要であると思われた。障害学生が充実した学生生活を送り、社会で自立できるようなシステム構築のための多面的取組の継続が今後も必要である。
Full-Text

http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/files/public/0/3339/20180820134420732123/AN00257966.68(2).69.pdf

Number of accesses :  

Other information