紀要論文 和楽器による授業において教師が知っておくべき演奏上のレトリック
The Performance Rhetoric a Teacher Should Know in a Class by a Japanese Traditional Musical Instrument

山名, 敏之

68 ( 2 )  , pp.43 - 47 , 2018-02-23
ISSN:1342582X
NII書誌ID(NCID):AN00257999
内容記述
中学校音楽科において和楽器による授業を展開する際に、曲の選択、参考とする演奏の選択等には細心の注意が必要である。学習指導要領が目的として掲げる、伝統音楽の継承を損ないかねない情報がいまや巷に、そしてネット上に溢れているからである。本稿ではこういった状況に対し適切な判断を下すために教師が予め持っておくべき知識として、「西洋音楽の演奏におけるレトリックと伝統邦楽の演奏におけるレトリックの違い」を設定し、邦楽器によるJ.S.バッハの演奏を題材に採り上げ、主に現代邦楽への批判的意見を参考にしながら演奏上のレトリックの違いを明らかにした。
本文を読む

http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/files/public/0/3320/20180820134540398291/AN00257999.68(2).43.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報