紀要論文 技能下位児童への水泳指導に関する研究 : 「浮くこと」を基礎技術とした小学校3年生の水泳実践から
A Study on the Teaching Swimming to the Low Skill Children : Practice of Swimming “Floating” as Basic Skill in Elementary School 3rd Grader

狭門, 俊吾  ,  久我, アレキサンデル  ,  玉腰, 和典  ,  本山, 司  ,  本山, 貢

68 ( 1 )  , pp.159 - 168 , 2018-01-31
ISSN:13425331
NII書誌ID(NCID):AN00257966
内容記述
本研究では、「浮くこと」を基礎技術として位置づけた小学校3年生を対象とした水泳指導において、技能下位児童の技能習熟プロセスの分析を通して、技能下位児童における「浮くこと」を指導することの有効性を解明することを目的とした。分析対象は、2016年6月下旬から7月中旬に行われた水泳実践における技能下位児童2名であり、分析方法は授業者による観察記録および感想文の分析であった。その結果から、「浮くこと」の前段階となる「呼吸法(息継ぎ)」の指導が技能下位児童の心理的な不安感を解消することや、「浮くこと」を習得する上でも重要な意義をもつことが示唆された。しかし、他の多くの児童が「ドル平泳法」を習得したにもかかわらず、技能下位児童はそれを習得するには至らず、「浮くこと」による学習効果については十分に検討できなかったため、今後の研究課題となった。
本文を読む

http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/files/public/0/3297/20180820134727248920/AN00257966.68(1).159.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報