Departmental Bulletin Paper 防災・減災のための中学校における総合的な学習の時間 : 熊本地震を事例として
The period for Integrated Studies for disaster prevention education at junior high school

坂本, 昌弥  ,  松本, 隆一

Description
本研究では総合的な学習の時間における防災教育展開の意義と課題について論じた。総合学習では,児童・生徒が自ら設定した学習課題を多様な探求的体験活動を通して解決することによって,問題解決能力を獲得することを教育目標とするが,多忙な学校の状況等により生徒個々の学習課題に十分対応できていない現状がある。地震災害に関する防災・減災を目指した総合学習を効果的なものにするためには,中学校では行事の精選や総合学習対応への組織作りをより一層強化し,地域や社会へ開かれた学習空間づくりをしていく必要がある。また地域には高齢化・過疎化の中で震災からの復興を行うための多種多様で長期間を要する課題があり,これを克服しつつ学校と協働した総合学習対応をする必要がある。自然災害が多発する日本において,こうした防災・減災に関する総合学習の課題克服は避けては通れない重要な事項のひとつである。
Full-Text

https://klc.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=320&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information