Departmental Bulletin Paper サーチ理論による雇用調整助成金の評価
Evaluation of Employment Adjustment Subsidy based on Search Theory

山上, 俊彦

55pp.1 - 32 , 2017-09-30 , 日本福祉大学経済学会
ISSN:0915-6011
NCID:AN10367370
Description
 雇用調整助成金は景気後退時の失業発生を未然に防ぐために, 休業等の一時的雇用調整を実施した企業に賃金(休業手当等) の一部を補助する制度である. これは失業手当の替りに短時間労働への補助金を支給して雇用関係を維持するSTWA の一種であると考えられる. この制度が失業率をどの程度低下させるかについては従前より議論があったところである. しかしながら, 政策効果を評価する理論や実証分析手法が確立していなかったために, 評価が難しかった. そのため, 失業を未然に防いでいるという主張がなされる一方で, 正社員の囲い込みを助長する, さらには産業構造の転換を遅らせるという批判がなされてきた. 本論では海外も含めた制度の概要, これまでの研究の概観を行うとともに, サーチ・モデルであるMP version を用いて雇用調整助成金の意義と限界を明らかにする. その結果, 雇用調整助成金は雇用保護立法と補完的であること, 正社員の労働時間を柔軟化させて雇用を維持する効果があること, 但し, 効率性低下も少なからずあるということが判明した.
Full-Text

https://nfu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2868&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information