Departmental Bulletin Paper 精神保健福祉援助実習後における実習教育に関する考察-ピア・スーパービジョンの試みを通して-

山田, 妙韶

Description
 入院医療中心の精神障害者対策が地域生活中心へと方向転換するには,その対策を担うマンパワーを必要とした.その人材は,精神障害者が社会復帰を果たす上で障害となっている地域住民の精神健康に関する意識変革をはじめ精神障害者に関わる偏見や差別など諸問題の解決を図る必要があり,医療的なケアに加えて退院のためや社会復帰生活の継続を図るための環境整備などについてさまざまな支援を行うことが求められる.このような理由から1997 年に精神保健福祉士法が制定された.その後,社会的入院者の退院支援や地域生活支援を目的に「精神障害者退院促進支援事業」が実施された.さらに,多職種チームによる支援が「精神障害者地域移行・地域定着支援事業」として実施されている.近年では退院後生活環境相談員が創設された. このように精神保健福祉士を取り巻く環境は大きく変化しており2010 年3 月の精神保健福祉士養成課程におけるカリキュラム改正では,精神保健福祉士に求められる役割も従来よりもさまざまな課題に対応できることを求めている. 精神保健福祉援助実習でもこれらの要望に応えるべく取組むことが求められよう.本学の精神保健福祉援助実習の学生は社会人経験をもつ.それゆえ,通学課程の学生とは違った悩みや不安がある.殊に,1 か所目の実習体験が2 か所目実習に与える影響を意識した実習指導が望まれる. そこで,実習後の精神保健福祉援助実習指導のスクーリングにピア・スーパービジョンを意図的に取り入れて,実習後の実習指導にどのような影響をもたらすかを検討した. 結果,実習後の実習指導でのピア・スーパービジョンは,自己点検作業の機会であり,学生にエンパワメントをもたらす場であった.
Full-Text

https://nfu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2818&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information