紀要論文 韓国健康保険の老人診療費の増加要因:日本の老人医療費との比較

丁, 炯先

内容記述
 本研究の目的は韓国の「健康保険の老人診療費」が最近10 年間どのような推移を見せてきており,変化の主な要因は何かを分析して,韓国の最近10 年と似た年齢構造を持っていた時代の日本の状況と比較することにある.主要な分析結果と意味をまとめると次のようになる. 第一に,「老人診療費」の増加は,人口高齢化による高齢層の増加だけではなく,老人一人の平均医療費自体の増加にも起因することが確認される.韓国の「老人診療費」の増加速度は,類似した人口高齢化水準であった時代の日本の「老人医療費」の増加速度より早い.急増した所得水準及び医療技術の進歩など人口高齢化以外の要因の影響であると思われる.第二に,人口高齢化によって,高い医療費を伴う終末期の年齢が多くなることと,過去の終末期の年齢は今はもうそうではない初期の高齢層に属することは人口高齢化が「健康な高齢化(healthy ageing)」を伴っていることを示唆している.第三に, 2010 年代の増加率の鈍化は「老人1 人当り診療費」の増加の鈍化に起因したものではあるが,「加入者数」の影響力も増加した.老人の診療費の増加において「価格」の増加以外にも「老人1 人診療量」の増加が主な要因だったことが確認される.第四に,「老人1 人当り診療費」の寄与率が「人口高齢化」の寄与率より高いことは日本においても同じであったが,日本の場合よりその差が大きかった.
本文を読む

https://nfu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2816&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報