Departmental Bulletin Paper 地域福祉の実効性を高める「地域社会」の捉え方-『自治型地域福祉の理論』の発展的展開に向けて-

大濱, 裕  ,  江原, 隆宜

Description
 「地域自治」なき「地域社会」に「地域福祉」はあるのか.これまでの地域福祉理論・政策・実践における「地域社会」の捉え方には,以下の二つの限界がある.①「地域社会」を個人の集合・空間と認識しているため,地域社会の能力・経験・仕組み・価値規範の実態的な固有性が捉えられないこと,②「地域社会」を行政に対置される相対的存在と認識するため,生活問題解決への「動態的変化のプロセス」を,住民参加や地域自治の構築・強化の文脈において適確に捉えきれないことである.本研究では,右田紀久惠著『自治型地域福祉の理論』を研究対象文献に選定し,「地域社会」と「生活問題」・「住民参加」の関連性・規定性,及びそれらの「理論・理念」,「制度・政策」,「実践手法」の整合性・一貫性を検討することを通して,地域福祉理論における「地域社会」の捉え方を考察した.
Full-Text

https://nfu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2810&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information