Departmental Bulletin Paper 体育科教育におけるバレーボールの教材研究史(1)-学校体育研究同志会における生活体育時代の動向に着目して-
A History of Teaching Material Research about Volleyball in Physical Education (1):Focusing on the Trend of Seikatsu Taiiku [Daily Life Physical Education]Era of Gakko-Taiiku-Kenkyuu-Doshikai[the School Physical Education Research Fellow Association]

玉腰, 和典

9pp.31 - 46 , 2017-01-31 , 日本福祉大学子ども発達学部
ISSN:1884-0140
NCID:AA12410490
Description
 本研究は, 学校体育研究同志会の生活体育時代におけるバレーボール教材研究の特徴を明らかにしていくことを目的とした. 学校体育研究同志会における生活体育時代のバレーボール教材研究史は前期と後期に区分でき, 前期においては瀬畑実践に代表されるように, 「グループ学習と校内競技大会の計画・運営」(9 人制バレーボール) が実践課題となっていた. その後, 実践を通してつきあたった「運動疎外の克服」が課題とされるとともに, 運動文化の本質を見失わず子どもの喜びを高める「中間項」教材の追求がなされていく. そして後期においては生活単元方式が後退する一方で, 吉崎実践に代表されるように「運動文化の疎外要因を解消するルールづくりをふまえた, パス・ラリーゲームから始めるグループ学習とクラスマッチの計画・運営」(6 人制バレーボール) が実践課題となっていることが明らかとなった. また吉崎実践と同時期に中村が高校生との対話を通して9 人制バレーボールにひそむ疎外要因について追求しており, そこで得られた知見はのちのバレーボール教材の研究につながる重要な契機となっていると考えられる.
Full-Text

https://nfu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2762&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information