Departmental Bulletin Paper 訪問看護ステーションの看護記録に関する実態調査

白尾, 久美子  ,  大村, いづみ  ,  山口, 桂子

Description
 本研究は,訪問看護ステーションにおいて情報収集を主な目的として使われている看護記録について,現状を明らかにすることを目的とした.訪問看護ステーション2372施設を対象に,施設の概要,訪問看護記録書Ⅰの様式,記録方法,看護理論またはモデルの導入の有無,導入している看護理論またはモデル名,看護記録に対する満足度と満足していない理由について自記式質問紙調査を実施した. 訪問看護ステーションでは,6 割が施設で独自に作成した訪問看護記録書Ⅰに手書きで記録しており,6 割が看護記録に満足していた.看護理論やモデルの活用度は低かった.看護記録に対して満足が得られない理由としては,【訪問看護に適した情報収集・アセスメント様式の未整備】【整合性がとれない訪問看護の実態と記録】【構造化されていない看護記録】【情報共有の困難さ】【記録への負担感】が挙げられた.今後は,訪問看護の特徴が十分に反映され,多職種と共有できる看護記録を考案する必要性が示唆された.
Full-Text

https://nfu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2690&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information