Departmental Bulletin Paper コンパルタモス銀行の高金利に関する一考察
An Analysis of Microcredit Interest Rates: Why Compartamos Bank's Rates are So High
コンパルタモス銀行の高金利に関する一考察

岡本, 眞理子  ,  Mariko, Okamoto

51pp.1 - 12 , 2015-09-30
NCID:AN10367370
Description
少額の融資をあつかうマイクロファイナンス機関は,発展途上国の農村住民,とりわけ女性達に金融へのアクセスを可能にし,金融インフラを実質的に提供してきた.しかし,その中には,メキシコのコンパルタモス銀行のように,実効年利子率が100%を超える高金利で無担保融資を行ってきたところがある.それらの金融機関の利子率はなぜそれほど高いのかについて,想定される諸要因を他のマイクロファイナンス機関と比較しつつ検討した.その結果,極めて小額であり短期貸し付けであることや,融資方法と地域特性のゆえに運営費が極めて高くなることが主たる要因であることを明らかにした.また,借り手にはなぜそれが受け入れられているのかについて,現実に支払われる利息額の小ささ故に事業を圧迫するものとはならないことを示し,また短期ローン利子率の年利換算が借り手にとっては重要ではない可能性を示唆した.
Full-Text

https://nfu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2463&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information